ヴェルファイアの車検+86のマイクロロン処理など2014年01月09日 22時14分

先日お預りしたヴェルファイアの車検です
車体下部と共に、磨く前の準備を兼ねてポデーィの洗車もして

シートを叩くとバフバフ埃が立っていましたので
ドアを全て解放して、全シートを叩きながらエアブローして
埃が立たなくなるまで吹き飛ばし、キレイにしていきます

濡れた車体を乾かす為もあり試運転後、リフトアップ
タイヤを外してブレーキなどの保安部品を確認して行きます

オイル漏れも錆も無く(少ししか・爆)、キレイな下部です

リヤのサスペンションは左右が繋がったアクスルのタイプ
でもリヤタイヤはなぜか内側の摩耗が目立ちます・・・
基本上下にしか動かない気がするのですが、剛性不足なのか不思議

エアークリーナーはまだまだキレイです、エアーブローで清掃

ブレーキフルードはいつものように定期交換です

タイヤローテーションなどをして受検前の仕上げ作業
スキャンツールを使用してのフォルトコード確認、全てOKです

こちらは気になっている方も多いシートベルトの警告音
運転席はともかくとして、助手席に荷物を載せて走るだけでも
警告音が出てしまう事もあり、煩わしいので警告音もOFFします
後は明日届くエアコンクリーンフィルターとワイパーゴムの交換です

変わって本日受検に走ったハイゼットトラックの仕上げ作業
4年を経過したバッテリーはやはり「要交換」、近い内に交換推奨です

ボディーも磨いてコート剤で艶出し保護、本日納車させて頂きました

TOYOTA 86 エンジンオイルとエレメントの交換と共に
エンジン内部保護材、Microlon処理を依頼されましたので作業です

エンジンオイルを入れてから、Microlonを専用容器に入れて
エンジンオイルの量に対して8%を、レベルゲージ口からゆっくりと
時間をかけて注入して行きます(一時的にオイルを希釈するので注意)

残った量は燃料タンクに入れて、インジェクターの動きも保護します

その後は30分ほどエンジンかけたままにして儀式の1つは完了
今はオイルが希釈されていますので、溶剤部分が蒸発するまで
次は100kmほど走行するまで、エンジン回転を上げ過ぎない様に
気を付けて頂いてくれれば、2つ目の儀式は完了です

基本的には1600km走行すれば、本来の効果が安定するので
逆に言えば後はそのまま添加した事気にせず使って頂くのみです
オイル交換の度に入れる必要も無いので、オススメですよ!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://move.asablo.jp/blog/2014/01/09/7189374/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

◆当社MAP 携帯用QRコード◆