バモスとか、キャリーダンプの電装関係修理2013年11月12日 22時06分

バモスオートマチック車、先日からメーター内の"D"ポジションを示す
インジケーターが光らなくなったから直して!との事でお預りです
メーターカウル⇒メーターを外し、Dポジション裏のバルブ交換で完了
一緒にオイル交換依頼されていますので、作業しました

この時期最も心配な部分は入庫するたびにチェックです
新車からのバッテリーが搭載されていまして、結果は「要交換」
年式からすれば持ちすぎるくらい頑張っていたバッテリーですね

昨日に続き、お値打ち品なバッテリーを装着させて頂きます

バモスは搭載場所がフロントバンパー裏なので
チェックするだけでも少し手間がかかりますが、それだけに
もしバッテリーが上がった場合、ユーザー様がブースター使い
簡単に接続し辛いので、そうならない様にこまめにチェックしますね

こちらは昨日、時々エンジンがかからなくなるとの事で
お預りしてチェックしたキャリーダンプです、原因はスターター

この年式ですとオーバーホールよりリビルト交換のが安心なので
部品が届くのを待って、本日交換作業をさせて頂きました
バッテリーの端子を外して、スターターを取り外します

リビルト品のスターターと、違いが無いかを確認して

元の位置に装着して、バッテリーの端子を繋ぎ作動確認で完了
消えてしまったラジオのメモリーや時計などもセットし直しました

さて・・・このまま納めても良いのですが
当社では結構な確率で近々逝くと思われる部品がありまして
それがこちらの、キーシリンダー裏のメインスイッチです
これが逝っても同じような症状でエンジンがかかりませんので
高い部品ではないので、同時に交換させて頂きます

バモス同様、バッテリーもチェックしてから納車ですが
こちらのキャリーはまだまだ全力全開パワーですね
スターターの回りも良く、安心して納車する事が出来ます

寒さが増してきましたので、バッテリーが弱ってきますから
無料のバッテリーチェックだけでも、お気軽にご来店ください♪
◆当社MAP 携帯用QRコード◆