ミライースの納車と、ミゼットがトラブルで入庫2013年10月28日 23時31分

本日はお日柄も良く、納車前のサービスで
簡易コーティングした後ミライースを納めさせて頂きました

スマートアシスト搭載車はアクセサリー5万円無料なので
マットとバイザーに泥除けとキー照明とナンバーフレーム付けても
90万円チョイ、燃費も平均25km/Lは行きますから、お得な車です!

H様、ありがとうございました、新しいカーライフ楽しんでくださいね

本日は、喜美農園の宮じい様が積車でミゼットを運んできてお預り
先日から、5分程走るとエンジンが吹かなくなり止まってしまい
少し待つと又エンジンが始動するというトラブルとの事で
友人といろいろ確認されたところ、2サイクルエンジン特有の
マフラー詰りが一番怪しいので焼いてほしいとの事でした。

症状的には多少疑問がありますが、取りあえず依頼事項をば
マフラーとエキゾーストテールパイプ取り外し

すでにマフラーパテで修理されているマフラー焼くのは
その後どうなるか分っているだけに、気が乗りませんが・・・

中を確認しますが、タール分での詰りは多分無いと思われます

とは言えオイルが混合されたガソリン燃やしていますので
焼き入れすれば、やはりそれなりに中まで火は走って行きますね
エアーブローでマフラー内の温度上げつつ、外側からも炙り焼き

その後は間違いなくタール分が出ているテールパイプの焼き入れ
とは言えエアーブローすれば、素直に出口から出てきますので
詰りきっている事は無さそうです、前後から火口入れ変えて焼き入れ

燃えたオイル分が、炎になって噴き出してきますね

で・・・心配していた通り、マフラーの穴は広がり内部もボロボロ
振るとガサガサ言いながら、穴から錆落ちた内部が落ちてきます
これは一度下部を全部焼き切って、中で落ちそうな錆びつきを
落として、新たに鉄板溶接して埋め直した方が良いかもですね

もしかして詰まっているとしたらこのカスな気がいたします・・・

でも、車屋さんとしては症状からして一番怪しい部分は
マフラーの詰りよりは、やはり燃料フィルターの詰りかなと思いまして
フィルターを外して確認、内部には以前燃料タンクコーティング
以前に出てきたと思われる、錆やタール分が固まった物が沈殿

ケースからフィルターを取り外して、どちらも洗浄剤で汚れ落とし

あらためて組み付け、フィルターケースがプラスチックなので
ここまでヒビが入って来ていますと、今後燃料漏れも心配ですが
ダメなら適当なフィルターに交換しかないですし、
マフラー修理後に、エンジンの調子と共に様子を見てみましょう

と言う事で、また暫くはお預りする事になりそうです(爆)
宮じい様、こんな感じになっていますので暫くお待ちくださいね
◆当社MAP 携帯用QRコード◆