キャリートラックの車検と、ランエボ3のRECS処理2013年09月18日 21時52分

本日はこちらのキャリートラックが車検で入庫です

タイヤが随分減っていますので、事前に依頼され交換作業

軽自動車のタイヤは随分安くなっておりまして
今日は1本3000円のダンロップタイヤを使用させて頂きました

アンダーカバーを外してベルトの確認
上から見るよりしっかり見えるんで、ウチはこちらが定番

ブレーキを踏むと、低温時にキーキーと音が出ていましたので
前後のブレーキ摩擦材の角と表面のテカテカ部分を削り落とします

ブレーキの隙間調整をしてから、ブレーキフルードの交換

エンジン関係の作業はエアークリーナーから
40000km走破したエレメントは砂埃がこんなに詰まっています
新品のクリーナーに交換して、リフレッシュいたします

スパークプラグも2度目の交換時期です

信頼薄いD社の物が装着されていましたので
NGKのスパークプラグに交換し装着させて頂きました

ブロアファンスイッチの不良(修理不能でした)やバッテリーの交換など
作業はまだ残っていますが、明日帰社後に進めさせて頂きます

本日は他に、ブログを見てRECS処理を依頼された
こちらのランサーエボリューションⅢお乗りのK様がご来店

いや~CE9Aは良いですね!!
オイラ自身もエボⅡでジムカーナ参戦していましたから
こんなキレイな状態の子を見ると、テンション上がりますわ!!

と、懐かしんでいるだけでは仕事になりませんので作業開始
CP9Aと違い、サージタンクに接続する部分に手間取りましたが
処理作業開始もずっとCE9A談義に花が咲き、楽しい時間になりました

足回りにもCP9A系の足が移植されており
ブレーキもブレンボと大径ローター、気合が入った一台です
RECS処理作業も完了し、調子の良いエンジンでKさん御帰宅
わざわざ当社探して来てくださいまして感謝いたします<(_ _)>

実は当社には、以前ジムカーナ参戦していた時
エンジンブローさせてしまったCE9Aがおりまして(汗)
今も工場でカーカバーを被ったまま、目覚める日を待っているのです
元気に走るKさんのエボⅢ見て、また急に乗りたくなってしまいました!!

とは言え、今は日曜日のキョウセイシリーズに向けて
PUMA号も最後(になるかな?)のセッティング変更が待ってますので
やはりまだ暫くは、工場の中で眠り姫状態でいて頂く事になりそうです
◆当社MAP 携帯用QRコード◆