本日は7年目のエスティマが入庫、MST2000でアレコレ2013年09月10日 23時26分

本日入庫されたのは7年目のエスティマです
車体下部の洗浄後、不具合確認の試走後リフトアップ

長寿命を謳っているトヨタ車も(ホンダ車は11年ですが意外と無理・汗)
交換指定の7年目ですので冷却水交換します、アンダーカバーを外し
ドレーンに適当なホースを取り付けて、下で受けつつ排水開始

排水がすみましたら今度は注水ですが
こちらも今まで入っていたものと同じくスーパーLLCと言う
長寿命冷却水が50%濃度に調整されている原液を薄めず注入します
このサブタンクはなかなか出来た子で、量をソコソコに合わせて
エンジン回しておけばエア抜きがスムーズに出来ちゃいます♪

そうこうしている間に、エアークリーナーのエレメントなどを交換

リヤブレーキは左が少し引きずり気味でしたので確認すると
内側のパッドの動きがやたら悪く、1枚だけかなり摩耗しちゃっています
チェックすると、パッドの収まるキャリア部カラーの隙間に泥が入り
それが元でパッドがスムーズに動かず、摩耗が進んでしまったようで
プレートカラーを外してキャリアにこびり付いた泥を削り落とし
プレートカラーもしっかり清掃してグリスアップ後装着いたしました

そんな事でパッドは交換になりましたが、動きはスムーズになり
キャリパーのスライドピンも新しいグリスに交換しましたので
ローターの回転が軽くなりましたから、燃費にも効いてきそうです♪

パーキングブレーキの隙間調整ですが
こちらのサービスホールからドライバーなどで
向こうにあるアジャスターを回し、正規値に調整しました

そしてブレーキフルードの交換、予想通り左後輪のフルード真っ黒!
熱も結構入ってしまっていたようですから、これで一安心です。

スパークプラグは元々イリジウムタイプですが
10万㌔超えている為こちらも交換時期、外すと・・・真っ白(;´・ω・)!?
これは先日NGKの講習で聞いた、デポジット加熱があるのかも(汗)

取りあえず新しいプラグを装着して、熱問題どうしようかと・・・
冷却水も交換しましたから、熱交換率は上がっているでしょうから
後は、燃焼室内のカーボン落とすのが改善には効果が高いので
燃焼室まで効く、燃料添加剤を注入して経過観察する事に

エアコンクリーンフィルターにも埃一杯詰まっています
定期交換必需ですので、抗菌タイプのいつものに交換

今まで載せていませんでしたが、
スキャンツールはいろいろイジル事も出来まして
室内灯のオートディマー調整したりあれこれして作業は完了
シートベルトのは、ジムカーナなどで4点式ベルト付けて走る方には
かなり有効なので定番なのですが、一般車には頼まれた時のみ(笑)

ただ・・・バッテリーが"要交換"なのと、エアコンガスが不足気味なので
こちらはお客様の判断を仰いでからの作業(交換)になりまして終了。

本日車検に行ってきたハイゼットトラックも掃除まですべて完了
ステッカーも貼り換えて、本日納車させて頂きました!!

W君、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://move.asablo.jp/blog/2013/09/10/6977900/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

◆当社MAP 携帯用QRコード◆