アウディのオイル交換やコペンの車検、フィット受検後の仕上げ作業等2013年07月17日 23時41分

いつも当社でオイル交換されているM様からの紹介で
以前一度いらした事のあるアウディのS様、オイル交換でご来店

ワーゲンのパサートに近い感じのアンダーカバーを
外すのが少し手間ですけれど、後は国産車と同じくオイル下抜き
外車のオイルって…結構汚れている物が多いですが、こちらも同様

新油には、PENNZOILのPLATINUM、5W-40を使用します
1万㌔は使って頂けますが、アウディですと多少減少もあるかもです

こちらのコペンが明日受検の車両です
車庫入り&雨の日には乗らないという徹底ぶりなので
登録から9年経過しているとは思えない程、程度は極上です
まずは下回りの洗浄を済ませますが・・・

エンジンルームは洗う必要が無いくらいの状態なので割愛です
パワーダウン防止の為、以前装着した遮熱シートもまだ元気です

今年はリヤブレーキの交換時期です
距離は乗られていませんが、やはり最低4年毎で交換は必要です
こちらのピストンにも、うっすらと錆が出始めておりました

カップキット交換完了、隙間調整は写真右側に見える
ギザギザのアジャスターをズラして調整いたします

その後はブレーキフルードの交換ですが
とにかくきれいな車ですので、フルードが塗装面に付かないよう
カバーはいつも通りですが、更に細心の注意をして作業いたしました!

今日は少し前アップデートのお知らせが来ていた
スキャンツールのMST2000更新、随分データー有ったようで
かなり時間が掛りましたが、作業は問題無く終了です

普段は乗せていませんでしたが、せっかく更新したので
久しぶりにスキャンツール使っているところも載せてみます
こちらは本日車検の受検から戻ったフィット、ある部分を確認です

やはり出ています、リヤブレーキの不良コード3点セット!
テストセンターなどでブレーキ確認するのですが、
その時、前後の回転差が出た場合などに入力されてしまうコード
これを残したままですと本当に不具合が出ているのか、この時の物か
判断がしずらい為、一度リセットしておく必要があります

と言う事で、故障コードを消去いたしまして一度試乗してみます

その後再チェックして、異常コードが入っていなければOKです
これで本日お渡しする準備はすべて完了です

21日は、点検技能競技大会の決勝見学に行くため
大切な選挙に行けませんので、期日前投票も済ませてきました。
国民としての権利を行使して、少しでも良い国にしてもらえると信じて!

その後は協議会の練習をしている青年部の応援
今回はまたかなり凝った仮設ヶ所を作って、選手TRYしてました

スキャンツールも使用するのですが、まず元の仮設原因を探して
元通りにしないと、スキャンツール自体がECUにアクセスできませんし
ある部分を2か所同時に仮設にした場合には、どれだけクランキングし
エンジンがかからなくても、異常コードが入力されない事も分かり
とても効果的な練習が出来ましたので、決勝期待できるかな!

明日以降は練習の手伝い行けそうもないですが
みんな頑張って、更にスキル上げて21日に臨んでくださいね!
◆当社MAP 携帯用QRコード◆