インプレッサのパワステギヤボックス交換とMOVEのスターター交換見学(笑)2013年06月29日 21時43分

本日は何かとお世話になっている
PUMA号&オイラ達の総括M監督のGC8系インプレッサSTI

元々ラリーで走っていただけあり、
現状もガードついたままで、気合の入った仕様のマシンです!

入庫した原因と言いますか、問題点はこちら
ギヤボックスからのフルード漏れで、タンク内の液面が・・・

ラック側からも漏れが発生してましたので
ギヤボックスを取り外してリビルト品への交換をいたします

タイロッドを外し、スタビライザーをブラケットで取り外して
ステアリングシャフトとの接続を切り、ギヤボックスの固定ボルトを外し
ギヤボックスを少し下におろしながら、オイルラインのネジを緩め
ジャッキでサポートしながら、ギヤボックスを下します

取り外したギヤボックスと、交換するリビルト品
新しいギヤボックスの取り付けは、逆工程で進めるだけです

装着してしまうと、ナットにアクセスできませんので
ジャッキで持ち上げた状態で、オイルラインを接続して締め付け

その後、ステアリングシャフトのセンターを合わせて
ギヤボックスを車体に固定し、スタビライザーを元の位置に装着
ステアリングラックにタイロッドエンドを装着して長さを合わせます

その後はパワステフルード(今回はATF-D3使用)に注入して
エンジンを始動せずに、左右一杯の据え切りを繰り返します
途中減ってくるフルードを何度も補充して、減らなくなるまで繰り返し
その後にエンジン始動して、更にエア抜きをして交換作業は完了

タイロッドを外した分、ハンドルのセンター位置と
トー角が変化しますので、テスターをセットしてタイロッド長調整し
走行してはテスターで計測を数回、きっちりと数字が出れば完成!!

ミッションオイルの交換も依頼されておりましたので
フロントにもLSDが入っていますから、ATSのギヤオイルで交換
インプレッサはここからジョウゴ使って注入するのが面倒ですね・・・

そうこうしている間に、先日自宅へスターターのリビルト品届けた
DクラスハヤブサのドライバーS君が「自分じゃ交換出来ません!!」と
車を預けに来ましたが、元はその気だったんだし、
リフト貸してあげるから自分で頑張ってみなさいな!!と、
エアクリーナーやオルタネーター外すとかの交換手順を教えて
インプレッサの仕上げしながら、時々確認しつつ基本放置してました

結果、苦労しながらも何とかスターター外すことが出来ましたので
状態確認すると、スターターのドライブギヤ先端がかなりの摩耗
最近はギャーギャーギヤ鳴りするだけで、かみ合わなかったそうな
ここまで減っていれば、確かにまともにかみ合わなかったでしょうね・・・

スターターの取り外しや装着も実は知恵の輪っぽい作業です
ドライブシャフトとの隙間を廻しながらセットしますので、大変です
それでも○時間かかって、何とかスターター取り付け出来ましたから
その後のベルト張り調整などはオイラが担当して無事終了

元は預けるつもりで来たので、結構焦ってましたが
S君何とか予定の時間までに完成し一安心で帰って行きました

今日はお疲れ様、明日はKさん家への移動、気付けて下さいね!!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://move.asablo.jp/blog/2013/06/29/6886704/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

◆当社MAP 携帯用QRコード◆