トヨタのPassoは、やはりダイハツ製なのね!?2013年03月14日 22時04分

登録から7年目のPassoが車検に入庫です

7年と言う事は、トヨタのスーパーLLCがお役御免になる期間
新しいスーパーLLCに交換するも、今後は4-5年毎での交換ですね

エアークリーナーエレメントも2度目の交換時期

ついでにいつもの通り、スロットルボディーのカーボン汚れを洗浄

その後はもう1万㌔ちょいで10万㌔オーバーになるので
スパークプラグも交換させて頂きました。

外したプラグと、今回装着するプラグです
定番のイリジウムマックスを選択して取り付けさせて頂きました

リヤブレーキも今回2度目のオーバーホールでカップ交換
初回車検で軽い漏れがあり交換した為、タイミングずれちゃいました

その後はフルード交換と共にエア抜きをしっかり行います

こちらは車検毎交換のエアコンクリーンフィルターですが
見るだけで、この時期は鼻がムズムズする程アレコレ溜まってます(汗)

冷却水のエア抜き兼ねてエンジン暖気後は
MST2000での各システムの点検です、まずは素直にトヨタ車から
パッソを選んで各システムのチェックをいたしました

各システム不具合のコード入力は無し、じゃ冷却水温含めて
ライブデーター確認しようと思ったら・・・あれれ項目が出ないよ(汗)
アクティブテストから入っても、データーモニターが出来ません(困った)

そこで、このPassoを本来作っている
本家ダイハツから、ベース車の"ブーン"を選択してシステム入ると
出ました、右にしっかりとデータモニターのタグが出現しております♪

実際のデーターもしっかり出ていますね、助かったぁ!!
各部のデーター確認しつつ、ちと気になった事を試してみます

早速、診断からエンジン診断試してみましたら・・・何と(汗)

通信エラーで接続不可!?、再度試すも結果は同じ・・・!?
ダイハツで作っている車なのに、トヨタでないとコードは診られず
でも、ダイハツからでないと、データモニターが出来ないという不思議さ

OEM車でも、独自データーや自社の拘り等入っているのかなぁ(謎)

今日はオイル交換でまた1台、過走行車が・・・
スターターモーターの修理で預かったハイゼットカーゴですが
オイル交換の指定距離は173,000kmと貼ってありましたが
(と言う事は、前回のオイルは168,000kmで交換しています)
今回入庫した距離は、190000km超え(滝汗)
スターターの修理以前に、もっと大切な事があるでしょうにと!!

オイル交換で下回り確認すると、ヘッドカバーガスケットやら
アチコチからオイルが漏れだしてて、かなりヒドイ状態ですが
それでも無くならずに頑張ってたんで、PENNZOIL入れてて良かった!

オイルとエレメント交換後は、とんでもなく汚れている内部洗浄に
eクリーンプラスを添加、これで5000km走行後に再度オイルと
エレメントをセット交換すれば良いのですが・・・来てくれるのかな(^^;)
で、肝心のスターターモーターも、アーマチュアコイルまで逝ってる状態
既に異音は出ていたはずなのですが、壊れるまで乗ると高くつきます

それでも、毎度当社がお願いしている電機屋さんが
状態の良いコイルを探してくれたので、事無きを得ましたが・・・
皆様も少しでも異音が出ていれば、なるべく早く
このように重症化する前に自動車屋さんへGOですよ♪

あ・・・ちなみに昨日の車検、カローラアクシオの異音は
やはりCVT内部のようで(汗)クレーム修理扱いになりそうなのですが
保証かどうか確定するにはメーカーの方に見てもらってからだとか(汗)

C愛知M君、いつもお世話かけしますが宜しくお願いします<(_ _)>
◆当社MAP 携帯用QRコード◆