タウンボックスに、ハイラックスに、プリウスに!!2013年01月30日 21時40分

本日はこちらのタウンボックスが車検で入庫ですが
クランクシャフトシールが抜けてくるというリコールの作業をセットで

車体下のアンダーカバーを外すと、エンジン前部が見えますが
オイル漏れがありますので、既に抜けているか劣化での漏れか…

パワーステアリング、エアコン、オルタネーターのベルトを取り外し
ポンプやコンプレッサーのステーを外して、クランクプーリーを外した後
タイミングベルトが隠されているフロントカバーを取り外します

内部もオイルでベタベタ、パーツクリーナーで洗浄しつつ
ベルトやベアリングなどの部品を外していきます

こちらが抜けると言われるオイルシールですが
抜けるのは茶タイプ、この黒タイプは確認して元に戻す指示ですが
やはり劣化からか、既にオイル漏れがありましたので打替え交換です

オイルシールを交換して(部品は実費の為社外品使用)、リコールの
シール抜け防止金具を取り付けますが、既存の2か所のネジ位置に
1か所は止め方を変え、オイルパン側はボルトナットで固定します

オイルで汚れたカバーを洗浄します、結構ガンコ・・・

タイミングベルトとテンショナーベアリングを新品にして
カバーを元通りに装着、プーリーやステーなど元に戻していきます

各ベルトも新品に交換して、張りを調整して完了です
リコール作業のついでなので、お客様の負担は部品代のみです!
今日は色々する事がありましたので、他の作業は明日以降に

そう、ハイラックスのラジエターが届くので
代替えに持っていく古いラジエターを取り外しておきます
この当時の車は、ラジエター外すのも簡単で助かりますね

こちらが返す現ラジエターです、
各所に漏れた痕が・・・23年間お疲れ様でした

届いた再生品のラジエター、いや~キレイですね!!
約束通りに仕上げてくれて助かりました、ありがとうございます!

早速装着、濃度調整したLLCを注入してエア抜きで完成
1日遅れましたが、これで明日は受検に走れます♪

先日バッテリー点検したプリウスの、補機バッテリー交換
今回は発売間もない、caosのハイブリッド補機用を使用します
システムの立ち上がり具合が若干元気になった気がしますね(笑)

ハイブリッド車の補機バッテリーはこのホースが特徴で
バッテリーから発生するガスを室内に出さないように車外へ導くホース

実は今回、バックアップのコネクターがうまく刺さっていなくて
電源が落ちてしまった状態になりまして、各所の初期化も必要に(汗)
皆様がこのバッテリーをDIYで交換した場合にも
同じことが起きるかもですので、設定方法記載しておきます

基本この場合作動不良が起きる個所
1パワーウインドのオート機能が効かなくなります
2.バックモニターに、ハンドルを切った場合のガイドが表示されません
3.時計やラジオなどがすべてリセットされます
4.パワーロックなバックドアが開けられ無くなります

大きく分けてこの4か所ですから、再設定の方法は↓

1.パワーウインドウは各ドア(4か所)で行います、イグニッションONで
パワーウインドウスイッチのUP側に保持し、全閉停止後数秒間保持。

2.バックモニターのガイドラインは"READY"時に、ブレーキを踏んだまま
シフトをバックに入れ、左と右にハンドルを止まるまで切る。

3.時計、ラジオなど設定しなおす。

4.パワーバックドアは、リモコンキーの
ロック&アンロックを操作することで復活いたします

以上自身で交換される場合には、自己責任の上でお願いします

◆当社MAP 携帯用QRコード◆