バモスの燃料ポンプ交換&ワゴンRの冷却系パイプ交換2012年12月01日 23時48分

昨日の日記に書いたバモスですが、故障の原因は燃料ポンプ
昔のポンプは10万㌔程度で動かなくなるものが多かったですが
最近は丈夫になっていただけに、少し早い気がいたしますね
船で余ったガソリンを入れる事があるらしいので、原因の1つかも??

ポンプの故障確認方法は、2人で起きないますが
燃料タンクのキャップを外してその給油口に耳を近づけ澄ませ
もう1人にキーをONの位置まで回してもらうと、正常ならば数秒間
モーターの駆動音が出ますが、こちらのバモスは無音・・・

燃料ホースをつまんで、簡易的に燃圧確認するもフニャッ(圧無し)
リレー問題無し、実際この症状の場合9割はポンプ本体の寿命で
こちらのバモスも、ポンプで間違いなしと言う診断で作業開始しました

点検して、フィルターと共に部品は頼んでありましたので
タンクの中からポンプをユニットで外し、フィルターとポンプ以外
ゲージ等のパーツを付け替えるという作業になります

まずは電源コネクターや燃料ラインを切り離し
ジャッキなどを使い燃料タンクを支えながら降ろしていきます

その後はタンク上部に装着されたポンプを取り外し
各部品ごとにバラバラに分解して、新品のポンプとフィルターを
元々のユニットの形に組み上げるという作業ですが…結構面倒

こちらが逝っちゃっていたポンプですが
元々白かったプラスチック部分は、こんなに変色していて
唯一ホースとの接触面に元の色が垣間見える程度でした

全ての組み込みが完了したら、後はタンク側に装着し直して
燃料ラインと電源コネクターなどを差し込み、タンクを元の位置に

その後最初と同じ方法で、モーターの作動と燃圧確認をして
キーを更にひねると無事一発で始動、燃料漏れを確認して完了です

                  ◆

今度はもう1台のワゴンRの水漏れ修理です
豊橋で車検付(今年の9月に取得していました)で買った車
漏れていたのは、ウォーターポンプ⇒ヒーターホースへ続くパイプ
内部からの腐植でピンホールが空き、エンジンをかけ圧が上がると
テッポウ魚の噴く水のように、ピュー!!っと水が出てきています

交換の為水を抜いてみましたが・・・
この車、新車から一度も冷却水を交換していないようで
イヤーな色の水が排出されてきました(本来は2年毎交換です)
水漏れの原因は、完全にメンテナンス不足ですね(汗)

交換するためにまずエアークリーナーのケースを取り外し

エンジン側で繋がっているホースを2本切り離し
エンジンに固定されているマウント部分ネジを2か所外し
その後ウォーターポンプ後部に、差し込んであるだけのパイプを
グッと引き抜くのですが、固まっちゃっていた手では全く動きません!!

結局左右にズレない様に2本のバールを使い
マウントの表裏でコジてやっとパイプを抜くことが出来ました(汗)

ここがパイプの差し込まれている部分、不純物や錆、カスが
内部一面にコーティングされているようなヒドイ状態でしたので
耐水ペーパーなどを使い、パイプが刺さる部分の内面を整えます

こちらがそのパイプです・・・こちらも中は錆やカスで一杯

新品のパイプとの比較・・・こんなにキレイだったのですね(汗)

後は逆の作業でパイプを差し込んで、マウント&ホースを接続

新しいLLCを規定量入れて、冷却ラインのエアー抜き

カピカピになっていたラジエターのプレッシャーキャップも
一緒に交換して、水温と漏れなどを確認して完了でございます

今は車検含めて、多くの物が価格至上主義になりつつあり
車検交換部品も減り、本来交換するべき冷却水やフルードも
交換せず納車・・・こんな作業されている工場があるのでしょうね

当社では「長く使う事がエコ」だと信じて作業しています
適切なメンテナンスをして丁寧に乗れば、車は20万キロ超えても
十分普通に使えますので、今後"愛車"と言う言葉が無くならない様
車を愛する皆様は、自身納得できる整備工場選択をしてくださいね。
◆当社MAP 携帯用QRコード◆