今度は、登録から21年経過したキャンター、燃料漏れも!2012年06月14日 15時08分

今日は、当社を常に気をかけて頂いている方からの依頼
昨年買ったトラックの面倒を見てくれとの事で、車検の引き取り

回送して来ましたのはこちらの三菱キャンタートラック
初年度が平成3年の登録でしたので、21年使われている車でした!!

整備前の下部洗車・・・と移動させると、乗ってきて止めた場所に
こんな濡れた跡が残っていまして、臭いをかぐと独特の・・・そう燃料です!
まぁ軽油ですので、急に着火する事はありませんが車検的には無論NG!!

場所を確認すると、この時代のキャンター定番箇所になりそうな
燃料噴射ポンプの「プライミングポンプ」劣化でしたので、部品を発注
エンジンオイルやブレーキフルード、クラッチフルードなどを交換
特にクラッチフルードは真っ黒で、交換後はシフトフィールも良くなりました
ジムカーナでもブレーキフルードの半分位の交換サイクルですので
普段気にされていない皆様には、ぜひ交換をお勧めしておきます

後エアークリーナーはこんな状態で、
黒煙の発生量も増えますので、交換させていただきました

車検整備作業は完了しましたが部品が未着のため当日は終了
翌日になり、到着したポンプの交換に取り掛かります。

アチコチ取り外しても、写真のように狭い為まともに工具が入らず
専用工具が無かったので、バイスプライヤーで挟みバールで回してみたり
某お助け人の方と苦労して取り外し、何とか交換完了しました・・・(汗)

交換後は、燃料ライン上に入ってしまうエアーを抜くための作業と
こぼれたり垂れてしまった燃料を、クリーナーで洗浄してエンジンを始動
漏れ確認して完了でございます(しかし軽油は洗い難い上に臭いですね)
まだまだ現役で走っている数の多い車両ですし、今後増えると思われる
故障ですので、早速専用工具注文しました(現在は入手住み・爆)

日曜日と月曜日は自治会の研修視察がありますので
月曜日に受検して当日納車してもらえるように、仕上げまで済ませて完了!
K様、いつもありがとうございます。これでまだまだ戦える車になりました!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://move.asablo.jp/blog/2012/06/14/6489092/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

◆当社MAP 携帯用QRコード◆