ブレーキキャリパーのオーバーホール2012年01月28日 21時27分

本日は平成11年式、キャンタートラックの車検

走行距離は3万キロ前後で、ディスクパットの残量はOKながら
左右輪のパットに減り方の差が出始めていましたので、
今回はキャリパーのオーバーホールを行いました

以下は、ほぼ写真内の文章で説明させて頂きます


エアー圧力を調整しつつ、抜けるまでエアーガンを押し付けます
ドリルの先端に、研磨用のブラシを取り付けて使います
ホーニング後、ブレーキクリーナーなどで洗浄すると↓のとおり
このピンの動きが悪くなっても、パッドの減り方が変ったり
ブレーキが引きずってしまったりしますので、スムーズに動く事を確認
スライド穴の中の大きな錆を落とすには、金属用ヤスリを使います
ブレーキフルードの漏れを誘発しないように
必ず円周方向に研磨して、縦傷を付けない様にするのがセオリーです
キレイになった状態でピストンを真っ直ぐ入れれば、
指で押すだけでシリンダーに気持ち良く素直に入っていきます
ブーツをしっかり収めないと、水が浸入して錆が出ますので丁寧に
以上で、キャリパーのオーバーホールは完了です

ダイハツの軽は10年くらい乗ると、2割ほどは動きが悪くなりまして
キャリパーのピストンが戻らなくなり、酷い物だと15分も走れば熱を持ち
ブレーキパットが焼け、ホイールキャップが熱で変形して外れたりしました

ホンダS2000では、以前ブレーキキャリパーオーバーホール作業で
その後、1キロ/Lくらい燃費が伸びたりと効果の高い作業ですが
ディスクは"漏れ"と言う形では悪くなったことが見えませんので、
気が付かず、悪い状態で使われている方は多いと思います

最近パッドの摩擦粉でのホイールの汚れが増えたり等は要注意
後、本来8万キロ位使えるパッドが、半分くらいで減ったりしますので
新車登録から、7-10年乗ったら是非一度ご検討下さいね。
◆当社MAP 携帯用QRコード◆