キャリートラック、もう1つの不具合2012年01月26日 18時15分

写真が多かったため整理するのに1日開いちゃいましたが
リヤのブレーキは先日書いたとおり、問題はもう1点左フロントの
ホイールベアリングへも泥水が浸入して、走行時ゴロゴロ音が発生

特にハンドルを切ろうものなら、その音量も倍増(汗)
泥水でベアリング自体が錆びて、正常に転がる事が出来ていません

まずブレーキ関係のディスクローターやパッドキャリア等品を取り外し
ディスクキャリパーはコードなどで吊っておきます
4WD車の為、まずドライブシャフト固定ナットを外してシャフトをフリーにし
スライディングハンマーでハブをナックルから抜き取り、その後ナックルを
タイロッド・ショックアブソーバー・ロアアーム接合部から外します↓
脱着した構成部品です

ナックルのアップ、矢印の先がハブベアリングです。
今回は写真に説明入れてみました。

HASCOの治具を使い、裏側からプレスで押して外します。
一応順番に整理したはず・・・ですが

で、ハブに残っているベアリングのインナー部分をプーラーで取り外します。
外すべき部品が見辛いですね(汗)

ジムカーナ車両等だと、ハブ自体逝っちゃって段付削れ出ていたり
固着している物も多いですが、これは素直に抜けてくれて一安心
分解後の写真で説明(笑)

今度は表から、ナックルに新品のベアリングを入れていきます
基本"油圧プレス"が無いと作業が進みません

ベアリングを圧入した後スナップリングで固定
ハブを入れる時押し出されないように、裏側からベアリングの
インナーレースを治具で支えながら、ハブを圧入していきます。
いよいよゴール近し!!

この後、ディスクローターなど錆び取り清掃して
外した部分や部品を元通りにし、錆び止め塗装して完了です

試走・・・もうね、とても静かに走れるようになりました。
と言うか通常の車検プラスのアレコレな作業しつつで
車検を1日で仕上げるのは結構大変でした・・・

O様ありがとうございました、又しっかり使ってあげてください
◆当社MAP 携帯用QRコード◆